ホーム > スタッフブログ一覧 > リープ便り9/28(水)

リープ便り9/28(水)

リープ楠木苑   2016/09/28 (水) 7:15 PM

急こう配

 こんにちは、かときちです(^.^)/~~~
今日は、前回にひきつづき近鉄奈良線の見晴らしの良い額田駅界隈の写真をお届けします。

ここは、生駒山麓を瓢箪山から石切まで駆け上がる途中の額田駅から北へ100Mほど過ぎたところです。

上の写真の線路脇に立っている白い両手を延ばした標識が写っています。
これは勾配票と言って線路の傾き度合いを表しています。この標識から右側は33.3パーミル、左側は35.7パーミルであることを表しています。

33.3パーミルとは1000M進むと33.3M登る坂道であることを表しています。通常の通勤路線ではこの33.3パーミル位の坂道はあまりありません。

よくあって、地上から高架、または地下から地上にかけ上る部分に登場するくらいです。

近鉄奈良線は生駒越えをするために大阪側や奈良側のこのような勾配のきつい坂道が出現しました。現在の高性能電車では苦も無く走っていますが、開業当時の車両(チンチン電車程度?)では、相当きつかったのだろう想像できます。

皆さんも近鉄奈良線にのって石切方面に行かれる時は、傾き加減を体感してください。
坂道の途中に駅がある枚岡駅、額田駅で普通電車が出発するときは、決して後ろに下がりません!! これも体感してください。

 額田駅を出発する奈良ゆき普通

 

コメントを残す

トラックバックURL

http://lieb-ph.info/kanri/wp-trackback.php?p=3630